日语敬语:「存じる」和「存じ上げる」的区别

本文来自你的脚印 日语学习

日语敬语:「存じる」和「存じ上げる」的区别

「存じる」と「存じ上げる」の使い分け

「存じる」和「存じ上げる」的区别

なんとなく使っている敬語。改めて考えてみると、新しい発見があるかもしれません。今回は「存じる」と「存じ上げる」の使い分けについてお話しします。

我们平时在不经意间使用的敬语,仔细思考一下的话,说不定会有新的发现。这次就来讨论一下「存じる」和「存じ上げる」的区别。

「存じる」と「存じ上げる」

「存じる」和「存じ上げる」

「存じる」とはすなわち「存ず」。

「存じる」就是「存ず」(知道、认识)。

皆様もご存知のとおり「思う」「考える」の謙譲語、または「知る」「承知する」の謙譲語です。

大家也都知道,它是「思う」(认为)「考える」(考虑)的谦让语,也是「知る」(知道)「承知する」(了解)的谦让语。

そしてこれに謙譲の意味をさらに強める「上げる」がついた言葉が「存じ上げる」。

然后为了加强谦让的意味,加上「上げる」而变成「存じ上げる」。

「存じる」より「存じ上げる」の方が敬意の度合いが強いのです。

和「存じる」相比「存じ上げる」的尊敬感觉更强。

使い分け

区别

では何故私達は「存じる」と「存じ上げる」の両方を使っているのでしょうか?

那为什么「存じる」和「存じ上げる」两方都在被使用呢?

「存じる」だけで敬意が伝わるのであれば「上げる」は付けなくてよいし、「存じ上げる」で相手へより強い敬意が払えるのであれば「存じる」という言葉がなくなってしまってもよいはずです。

如果只用「存じる」就能传达敬意的话不加「上げる」也可以,而如果使用「存じ上げる」能表现出更加强烈的敬意的话,原则上「存じる」这个词是会被淘汰的。

実は、そこには明確な使い分けがあります。

但其实,它们有着明确的使用区分。

「存じる」はものへ、「存じ上げる」は人へ使う謙譲語だからです。

「存じる」是以物体为对象、「存じ上げる」是以人为对象的谦让语。

「商品の価格変更の件、存じております。」

“已知晓商品价格变更一事。”

「恐悦至極に存じる次第でございます」

“诚惶诚恐感激万分。”

「お名前は兼ねてより存じ上げております。」

“您的名字我早有耳闻。”

「お元気のことと存じ上げております。」

“已知晓您很健康”

ものよりも人へ敬意を払うと覚えておきましょう!

0 赞一下吧

发表评论

copyright ©2018 smallforum.net All rights reserved.